利用するメリット

シェアハウスに関して、少しマイナスの面も記述しましたが、それ以上にプラスの面も存在します。まず、知らない人とシェアハウスを行うことによって、より多くの人と交友を持つことができます。これは、家族暮らしや一人暮らし、または学校の寮などでは体験できないことです。同年齢だけではなく、年齢が離れた人との交友も楽しむことができます。趣味が合う人と、それについて語り合うこともできるかもしれません。今まで狭かった交友の幅を、より大きく、広くすることが可能なのです。ですから、今まであまり人と面と向かって話すことが苦手だったりする方なども、積極的にシェアハウスに参加してみることによって、そういった点を克服して、新しい自分を開拓することができるかもしれません。また、複数人で個人的な、または小規模の事業を行いたい、という方でも、シェアハウスを利用することができるかもしれません。どちらにしても、様々な活用方法が考えられます。

私達の『暮らし』というものは、時代の変化によって大きく変わっていきます。昔では考えられなかったことも、現代では当たり前になっていることすらあります。それを考えると、シェアハウスというサービスについて一度考えてみても、良いのではないでしょうか。

参考サイト⇒DK HOUSE

ルールを理解する

プライベート空間が確保されるとはいえ、やはり見知らぬ人との『共同生活』に関して違和感や不安を感じられる方は多いかもしれません。では、そういった場合でもより快適に暮らしていくために必要なこととは、一体どのような点なのでしょうか。例えば、複数人で暮らしていくうえで重要なことは、『共有するスペース』…いわば、『トイレ』や『浴室』、『キッチン』などのスペースを、個人個人がきちんと綺麗に使う、ということが求められます。この点で一人でもだらしない人がいると、やはり誰もが嫌な気分になりますし、一人一人の負担が大きくなってしまいます。住民同士のトラブルの元にもなるでしょう。ですからやはり、私達一人ひとりの意識が大切であり、シェアハウス独自のルールなどをきちんと個人個人が理解することが必要である、という点が言えます。

シェアハウスには、基本的に管理会社(管理人)が存在します。管理人の役割の一つに、トラブルの解決などがあります。しかしそれはあくまで設備上の問題であり、個人間の些細なトラブルを解決してくれるようなことは期待できないでしょう。ですからどちらにしても、住民同士がルールを理解し、他人のことを考えながら生活することが求められます。

ルームシェアとの違い

「シェアハウス」という考え方がまだまだ日本では普及しきっていないという点はありますが、その前には『ルームシェア』という手法に関しては、多くの方がご存知だと思います。ルームシェアは、一つの部屋を複数人で分けて使用する、プライベート空間を分けながらも、共同生活を行う生活の仕方です。では、この「ルームシェア」と、「シェアハウス」…どのように異なっているのでしょうか。『ルーム』シェア、そしてシェア『ハウス』とあるように、いわゆる『分離する生活帯』が異なっています。ルームシェアが一つの部屋を強引にいくつかのスペースに分けるのに対し、シェアハウスは、きちんと個人の部屋が用意されています。強制的に分離するのではなく、きちんとプライベートルームが用意されているという点で異なっています。あくまで共有するのは、リビングやトイレ、浴室などです。この点において、ルームシェアというサービスよりも、より個人のプライバシーが優先された仕方で用いられるサービスであると言えます。

また、ルームシェアは、個人が借りているアパートやマンションなどを使用することが多いのに対し、シェアハウスは、きちんと専用の住宅があり、管理人が存在するという点でも異なっています。

住まいを共有、シェアハウス

何かを人と『共有する』という考え方は、日本ではまだ馴染みのないものかもしれませんが、外国ではそういった文化が浸透している国もあります。文化の違いもありますが、これからの日本も、インターネットなどを通して、人と共有できるものは、『共有する』…そこにメリットが見いだせるなら、いわゆる『シェアリング』を行う、そういった手法や考え方が広まっていくかもしれません。最近では日本でもよく聞くようになった、その『シェア』に関してですが、昨今では珍しいものも他人同士でシェアリングされるようになりました。その一つが、『家』や『車』です。車のシェアサービスは、日本でも最近開始され、インターネット経由で借主と貸主が合意することによって、特定の料金を支払い、そして車をシェアすることができる…そのようなサービスが行われています。今までは自分だけの物、というイメージであった車が、そのようにして他人にも用いられる機会がある、それだけで珍しく思うかもしれません。

さて、最近進んでいる『シェア』の手法のもう一つに、先ほど挙げた『家(シェアハウス)』があります。自宅をシェアリングする、というよりは、『シェアリングするために設けられた家』で、複数人の人が一緒に居住する、というかたちになっています。やはり日本でもまだ浸透していないこのサービスですが、一体これにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、実際に利用するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか。