ルームシェアとの違い

「シェアハウス」という考え方がまだまだ日本では普及しきっていないという点はありますが、その前には『ルームシェア』という手法に関しては、多くの方がご存知だと思います。ルームシェアは、一つの部屋を複数人で分けて使用する、プライベート空間を分けながらも、共同生活を行う生活の仕方です。では、この「ルームシェア」と、「シェアハウス」…どのように異なっているのでしょうか。『ルーム』シェア、そしてシェア『ハウス』とあるように、いわゆる『分離する生活帯』が異なっています。ルームシェアが一つの部屋を強引にいくつかのスペースに分けるのに対し、シェアハウスは、きちんと個人の部屋が用意されています。強制的に分離するのではなく、きちんとプライベートルームが用意されているという点で異なっています。あくまで共有するのは、リビングやトイレ、浴室などです。この点において、ルームシェアというサービスよりも、より個人のプライバシーが優先された仕方で用いられるサービスであると言えます。

また、ルームシェアは、個人が借りているアパートやマンションなどを使用することが多いのに対し、シェアハウスは、きちんと専用の住宅があり、管理人が存在するという点でも異なっています。