住まいを共有、シェアハウス

何かを人と『共有する』という考え方は、日本ではまだ馴染みのないものかもしれませんが、外国ではそういった文化が浸透している国もあります。文化の違いもありますが、これからの日本も、インターネットなどを通して、人と共有できるものは、『共有する』…そこにメリットが見いだせるなら、いわゆる『シェアリング』を行う、そういった手法や考え方が広まっていくかもしれません。最近では日本でもよく聞くようになった、その『シェア』に関してですが、昨今では珍しいものも他人同士でシェアリングされるようになりました。その一つが、『家』や『車』です。車のシェアサービスは、日本でも最近開始され、インターネット経由で借主と貸主が合意することによって、特定の料金を支払い、そして車をシェアすることができる…そのようなサービスが行われています。今までは自分だけの物、というイメージであった車が、そのようにして他人にも用いられる機会がある、それだけで珍しく思うかもしれません。

さて、最近進んでいる『シェア』の手法のもう一つに、先ほど挙げた『家(シェアハウス)』があります。自宅をシェアリングする、というよりは、『シェアリングするために設けられた家』で、複数人の人が一緒に居住する、というかたちになっています。やはり日本でもまだ浸透していないこのサービスですが、一体これにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、実際に利用するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか。